生活

ポリデントの使い道は?入れ歯を洗う以外に使い方はあるの?

投稿日:2019年9月8日 更新日:

ポリデント
入れ歯洗浄剤として有名な「ポリデント」。

基本的には毎日使うため、安売りの際に大量購入している方も多いのではないでしょうか?

しかし、様々な事情で入れ歯自体を使用しなくなったため、購入したポリデントが余ってしまった…。

 
そんな悩みをお持ちの方のために、入れ歯洗浄以外の使い道をご紹介します。

一体、どのような使い道があるのでしょうか?

ポリデントの使い道は?入れ歯を洗う以外に使い方はあるの?

ポリデントの使い道
ポリデントの使い道を紹介する前に、そもそもポリデントはどのような効果があるのでしょうか。

主な効果は、

  • 強力除菌
  • 速効洗浄
  • 漂白促進
  • 着色汚れ落し

です。

目的は、入れ歯洗浄なので納得の効果ですね。

 
入れ歯には、細菌やカビなど目に見えない菌が付着しているため、ポリデント水溶液へ入れ歯を漬けることで、それらを除去してくれるということです。

ここまでを踏まえて考えると、ポリデントにできることは「殺菌」・「汚れ落とし」のようです。

 
では、実際どんなものを「殺菌」・「汚れ落とし」できるのでしょうか?

まず確実なのは、入れ歯に使われているのと同じ材質のものであれば、同等の効果があるということ。

すぐに思いつくのは、

  • ①金属類(貴金属、コイン、クリップなど)
  • ②水筒、ポットなどステンレスを使用しているもの
  • ③ひげそり、かみそりなど油(皮脂)汚れが気になるもの

こんな感じでしょうか。

 
実際の効果を確かめるためには一つ一つ試すしかありませんが、ポリデントの成分から考えると、これらの効果は出ると思います。

特に②と③については高い効果が期待できます!

 
②は、電気ポットの洗浄に使う「ポット洗浄中」の成分と、ポリデントの成分が大きく変わらないため、使用個数を増やせば同等の効果が出ると思われます。

③は、ポリデントの効果の一つである「速効洗浄」により、普段のお手入れで直接触れない場所についても、皮脂汚れを素早く分解して殺菌します。

 
なお、①の貴金属とコインについては、材質によっては金属自体が傷んでしまうことがあるので、事前に必ず下調べをしてください!!
(特にお金の洗浄は違法となる可能性もあるので要注意です)

ポリデントの使い方

ポリデントの使い方
ポリデントの入れ歯洗浄以外の使い道がわかったところで、実際どのように使用したらよいのかを確認しましょう。

メーカーサイトに記載されている使用方法は、以下のようになります。

■ステップ1
ポリデント洗浄剤をぬるま湯(熱いお湯は使用しない)に1錠入れ、パッケージに記載された時間、洗浄液に入れ歯を浸してください。

■ステップ2
3~5分から一晩浸したら、柔らかいブラシに洗浄液をつけて入れ歯をブラッシングします。 (スモーカーズポリデントの場合、タバコによる着色ヨゴレの洗浄は15分~一晩です。)

■ステップ3
流水でよくすすぎます。残った洗浄液はすぐに捨ててください。

入れ歯洗浄以外のことで使う場合も、基本はこの使い方に従ってください。

異なる内容があるとすれば、洗浄するものの材質や汚れ具合によって、入れる錠剤の数を変えることくらいでしょうか

 
注意点としては、

  • ポリデントを溶かした洗浄液には素手で触れないこと
  • 1度使った洗浄液は捨てる(繰り返し使用しない)こと

です。

電気シェーバーや水筒などを洗浄する場合は、金属部分以外の部品をできるだけ分解して外してください。

材質によっては良くない効果が出てしまう可能性があります。

また、最大限の効果を得るため、使用の際は、用法や容量に十分ご注意ください!

さいごに

いかがでしょうか。

ポリデントと言えば「入れ歯洗浄剤」という固定観念がありますが、単純に「洗浄剤」と考えれば、入れ歯以外にも使い道はいろいろあるようですね。

そのために購入するほど効果が高いわけではありませんが、使わず捨ててしまうよりは良いと思います。

 
ただ、販売はあくまで「入れ歯用」

それ以外のものに使用する際は、くれぐれも注意してください。

アイデア豊かな使い道で、有効にポリデントを活用していきましょう!

スポンサードリンク

-生活

Copyright© 気になる話題集めました , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.